2013-08

薄毛の種類

薄毛の種類 粃牽引(けんいん)性脱毛症

粃牽引性脱毛症とは、髪を強く引っ張ったり、同じ髪形をすることで毛が抜けてしまう症状です。ブラッシングや髪をかきあげる癖、ポニーテールやカチューシャなどの髪を一方に引っ張るような状態が続くと髪が早い段階で抜けてしまうことがあります。
薄毛の種類

薄毛の種類 粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性脱毛症とは、乾いたフケが大量に発生する症状で、頭皮アレルギーの一種です。頭皮の角質異常により、角質が剥がれ落ち、大量のフケを伴うといったところにあります。粃糠性脱毛症はフケがかさぶたのような状態になり、毛穴を塞いでしまうほど大量のフケが異常発生して薄毛になる疾病です。
薄毛の種類

薄毛の種類 瀰漫(びまん)性脱毛症

瀰漫性脱毛症とは頭全体が薄くなる症状を指します。特に、30代以降の女性に増えている傾向があり、女性の薄毛の原因の多くはこの症状で、別名「女性型脱毛症」とも言われています。
薄毛の種類

薄毛の種類 脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、頭皮の毛穴に油(皮脂)が詰まった結果、炎症を起こしてしまい、周辺の髪が適切に育たなくなって、抜けやすくなってしまうことです。これは、頭皮が汚れ油っぽい状態で放置している、若しくは洗浄力の強いシャンプーなどで洗髪した結果、必要以上に皮脂を取り除いてしまい過剰に油が分泌された場合になどに生じます。
薄毛の種類

薄毛の種類 男性型脱毛症(AGA:エージーエー)

男性型脱毛症(AGA)とは男性に見られる髪が薄くなる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていくような状態を指します。男性型脱毛症(AGA)は、30代あたりから症状が現れだし、50代にもなると多くの方がこれに該当します。日本人男性の30%にこの傾向です。
毛髪の知識

白髪に関する知識 色素細胞(メラノサイト)が髪の色をつけている

今回は、髪を黒くする要因である色素細胞(メラノサイト)について取り上げます。メラノサイトはメラニン細胞のことです。メラノサイトは、肌色や髪の毛の色を決めるメラニンという色素を生成します。メラニンは紫外線による体細胞の損傷を防ぐ機能を有するもので、紫外線の刺激を受けると、身体を守るために、メラノサイトが活性化します。
毛髪の知識

白髪に関する知識 白髪が生える/白髪になるタイミングと原因

髪の悩みとしては良く挙がる「白髪」。白髪は薄毛・抜け毛とは発生のメカニズムが異なりますので、抜け毛対策とは種類が異なりますが、悩まれる方も多いと思いますので、本稿で取り上げています。
毛髪の知識

フケの種類と発生原因・対策法

フケとは、頭皮の角質細胞が新陳代謝によって皮膚の奥から表面へ押し出され、剥がれ落ちたものです。フケの種類は脂性フケ、乾性フケに分類され、それぞれ適切な対処方ほうがあります。
タイトルとURLをコピーしました