白髪に関する知識 色素細胞(メラノサイト)が髪の色をつけている

毛髪の知識

色素細胞(メラノサイト)について理解しましょう

gray_hair

髪の話題としてハゲと同じくらい挙がる「白髪」

ハゲと白髪は発生のメカニズムが全く異なりますので、ハゲ対策=白髪対策、とはなりませんが、白髪に悩まれる方も多いと思いますので、参考になればということで本稿で取り上げています。

今回は、髪を黒くする要因である色素細胞(メラノサイト)について取り上げます。

メ ラノサイトはメラニン細胞のことです。メラノサイトは、肌色や髪の毛の色を決めるメラニンという色素を生成します。メラニンは紫外線による体細胞の損傷を 防ぐ機能を有するもので、紫外線の刺激を受けると、紫外線や活性酸素から身体を守るために、メラノサイトが活発に活動し、メラニンを大量に作り出します。 もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。

このメラニンが欠如してきた肌は白斑、髪の毛の場合は白髪と呼ばれ、メラノサイトが正常に機能していないこととなります。

つまり、白髪が発生する理由は、何らかの理由でメラノサイトの機能性が低下しているためです言い換えますと、髪の毛自体は元々白いものであり、メラノサイトがカラーリングを施しているといってよいです

そのため、人種によって通常時髪の毛の色は黒、金、茶色など異なりますが、老いた結果(メラノサイトが機能しなくなった結果)は共通して白髪になります。日本人でも米国人でも白髪は共通なのです。

白 髪ができる原因は、メラノサイトの作用が弱まったり消失してしまい、メラニンが生成できないためと考えられます。メラノサイトは主に脱毛時に失われます。 頭皮の状態が良ければ、次に毛が生えるときに再度メラニンが作られますが。この際に、何かの原因で再配置が起こらないと白髪となってしまいます

メラノサイトが減少する原因は?

原 因は、他コラムでも触れていますが、遺伝、加齢、栄養、生活習慣、ストレスなどが挙げられます。要素の中には普段の生活を見直すことで改善可能なものもた くさんありますので、症状が始まった際はまずは私生活を見直すことで進行を止めれる可能性が高まります。白髪は最終的に染めてしまえば一応は解決はできま すので、あまり悲観せずに取り組んでいくことがよろしいかと思います(ただし、過度のカラーリングは頭皮に優しくないので慎重に検討実施していきましょ う)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました