髪に良い食べ物「シナモン」 ダイエット、アンチエイジングにも効果的

髪に良い食べ物・栄養素

色々な意見を聞いていると、髪の健康にはシナモンがお勧めというコメントが良く出ます。

具体的なメカニズムは、シナモンに含まれる栄養素によって毛細血管が活性化され、栄養が頭部に十分に回されることで髪の成長を促すというものです

で は、シナモンに含まれているどの成分がそのような効果を生み出しているのでしょうか?。そもそも、シナモン自体、普段なかなか食べるものではありません し、正直ミスタードーナツの商品くらいしか思いつかなかったのですが、改めて栄養素を調べてみると驚くべき構成になっていました。

■栄養素の構成(100gあたり)

  • カロリー    7.0kcal
  • ビタミンB1  0.08mg
  • ビタミンB2  0.14mg
  • ナイアシン   1.3mg
  • 鉄       7.1mg
  • 亜鉛      0.9mg
  • カリウム    550mg
  • カルシウム   1200mg
  • マグネシウム  87mg

44_2

特筆すべきは、カリウム、カルシウムの量で、実はこれが髪の健康に大きく役立っているのです。

短 期な人に「カルシウム足りてないんじゃない?」と言うセリフをたまに見るように、カルシウムは不足するとイライラしやすくなります。それは脳の神経細胞の 働きが悪くなっているためであり、そのような状態が続くと抜毛にも繋がってきます。 これらの栄養素は普段の生活の中で摂りにくい栄養素ですし、睡眠不足など生活習慣が悪くなると消耗が激しくなります。このような状態になると、血液の循環 も悪くなり、頭皮に栄養が十分に行き渡りにくくなります。

カルシウムが十分に摂取されると脳の神経細胞の働きが良くなります。その結果、骨の組織がしっかりし、骨髄液が増え造血作用が高まります。そうなると、髪の毛に栄養が十分に運ばれることとなり、髪の成長が進んでいきます。また、カリウムも類似の効果として血行の良化や疲労回復に貢献します。

また、造血作用が高まり毛細血管が活性化されるかことで、頭だけでなく体内の色々な細胞へ十分な栄養分が送られると同時に、老廃物を取り除いてくれます。

その結果、しわやたるみの改善にも貢献し、トータルヘルスケアの観点からも見逃せない効果があります

使用上の注意

適量は1日0.6g程度だそうで、 意外と少量で効果があることが分かります

ス プーン1杯程度の量で充分であり、反対に大量に摂取すると肝障害になる可能性があるそうです。ご自身の体に合うか合わないか、ゆっくり様子を見つつ分量を 調整していきましょう。また、サプリメント、食物全般に言えることですが、摂取したからといってすぐに効果は出ませんので、数か月~年の長期的なスパンで 見ていきましょう。

ダイエットにも効果あり!?

44_1

髪の毛に良い、という触れ込みから色々と調べてみると、どうやらダイエットにも効果的らしいです

シ ナモンにより血行がよくなることで新陳代謝が良くなることで老廃物などが処理されやすくなります。また、血液中の糖度やコレステロールを抑える働きがあり ます。ちょっと違う観点ですが、ケリー・オズボーンさんがインタビューでシナモンを摂取すると甘いものを食べたくなる欲求が減るのでダイエットに役立つ、 というコメントをされていました。

まとめ

このように、シナモンは髪にとって重要なものを大量に含んでいます。また、組織を活性化させ、血の巡りを良くすることで体全体の健康に寄与するため、髪の毛に留まらずアンチエイジングという目的でも薦められています。

あまりに万能すぎるので本当か? とも思いましたが、やはり真実のようです

普 通に生活していてはあまり摂取する機会がないと思いますが、探してみるとシナモンスティックなど色々な商品が売られています。ただ、狙って摂取するならサ プリメントなどを使われる方が良いでしょう。サプリメントとしての摂取に抵抗があるようでしたら、飲み物など嗜好品系のシナモン商品を使ってみるのも良い でしょう。その方が、味を楽しみながら摂取できますし、継続し易いかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました