薄毛の原因「帽子・ニット帽・ヘルメットなどの被り物」

薄毛の原因

364

帽子やヘルメットを被ったからといって基本的には薄毛にはなりません。

被り物については昔から、ハゲる派とハゲない派の意見が割れていますが、個人的には前者の方が多いように思います。

ただ、理由を説明できる人は少なく、何となくそう思うといった声をよく聞きます。

こ のように、「薄毛の原因」と何となく言われているのですが、実態はむしろ逆で、帽子やヘルメットを被ることで、夏場は頭頂部を皮膚に悪影響を与える紫外線 から守り、冬には頭皮を寒さから守ってあげることで血行不良を防止しますから、抜け毛や薄毛の妥当な予防方法だと考えられ、私もその意見を推奨します。

ただし、ここで注意したいことは「蒸れ」です。

蒸れは頭皮にとって良くない要素の1つであり、蒸れて皮膚呼吸できない状態となり毛穴にも確実に悪いです。

その結果、痒みや炎症を引き起こします。こういった状況が長く続くと薄毛に至ってしまいます

 

帽子は通気性の良いものを必要な時に被る

蒸 れを防止するために、帽子は通気性の良いものを被るようにしましょう。ヘルメットの場合は、被りっぱなしにするのではなく適度に外し、頭皮を管理するよう にしましょう。

このようにして蒸れを軽減することで髪の健康を維持できます。ただ、真夏は通気性の良いものを被っていても相当蒸れますので、あまり炎天下 に出歩かないこともポイントです。

ファッションの一環として1年を通してかなりの期間被っている方が多い「ニット帽」などは、厚手のものはかなり蒸れますのでご注意下さい(夏場でも被っている方がいらっしゃいますが、ほどほどに)。

少なくとも、室内など頭皮を守る必要がない状況では外しましょう。

 

ちなみに私は学生時代は陸上競技のランナーでしたが、当時はかなり通気性の良い素材でできた、ツバ付きのキャップを愛用していました。

風通しがよく、紫外線はシャットしてくれるため、かなり機能性が良かったです。今思えば、ハゲの防止にも役立っていたわけですね。

あとは、今日日被っている人自体が稀で、ワンピースのキャラクターであるルフィくらいしか見ませんが、麦わら帽子は通気性がかなり良いのでお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました