薄毛の原因「洗髪の仕方」シャンプーで綺麗にするのは髪ではなく頭皮

薄毛の原因

310_1

洗髪の方法ですが、基本的には髪の毛ではなく皮膚を洗うイメージで行います

育毛を促す方法 は、毛根に詰まった皮脂を除去し健康にしてやることが目的ですので、シャンプーをしっかり泡立てて、指の腹で皮膚を刺激し、皮脂を洗い落としてやる形になります。

髪の毛をいくら洗っても育毛の観点では効果がありません。

「シャンプーは薄毛の基になる」と言われたことがありますが、きちんと頭皮の皮脂を毛穴から取らないと余計に抜け毛が増えてしまいます。

ただ、 強くやり過ぎたり、爪を立ててしまうと反対に皮膚を傷つけてしまい逆効果ですので、注意が必要です。

優しく丁寧に洗ってやることがポイントで、ガシガシと手を動かして勢いで髪の毛を抜いてしまわないよう注意しましょう。

 

シャンプーの選び方も重要

シャンプーの選び方も重要で、自分の肌にあったものを選んでやる必要があります。

シャンプーのなかには頭をスカッとさせる成分を配合しているのもありますが、頭がスッ キリしたからといって汚れが落ちている訳ではないので、成分に何を使われているかに注目し選んでいくことが重要です。

例えば、以下のような症状があると思います。

  • 肌が弱い
  • 頭に痒みがある
  • フケが多い

こういった症状に合わせて、効果があるシャンプーを選ぶことが大切です。

例えば、肌の弱い人は弱酸性のシャンプーを使うと良いです。

痒みがある・フケが多い場合には頭皮を正常化に効果があるシャンプーが有効です。私が使っているものはウーマシャンプーですが、痒みやフケの低減に効果があります。

シャンプーは色々な種類がでており、「どれが良い」ということは一概に言えませんが、ウーマシャンプーは髪への影響の良さ、評判などを鑑みると多くの方に共通してお勧めできる製品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました