薄毛の原因「髪の乾燥のさせ方」ドライヤーは必須!髪から15~30cm程度離して使う

薄毛の原因

304_1

お風呂から上がった際、髪はどのように乾かしているでしょうか?

髪の乾かし方は大変重要で、間違った方法をとっていると抜け毛の原因にもなります。

意外と適当な人が多いですが、やり方によって頭皮へのダメージが大きく異なってきますので、けっこう重要なポイントです。

なお、一番良くないパターンは「濡れたままにしておく」ことです。

必ず乾かすようにして下さい。

濡れたままの髪は寝ている際に枕との摩擦により傷つきやすくなります。

また、頭皮が蒸れることで衛生状態が悪くなり抜け毛の原因となります。

よって、水分が乾ききらない自然乾燥は髪に良くないと言われています。

どれだけしっかりやったとしても、バスタオルで拭くだけでも頭皮には水分はかなり残ってしまいますので、別の方法しっかりと乾かす方が良いです。

 

髪を乾かす際のコツ

では、頭皮を傷めないようしっかり乾かすにはどうすればよいでしょうか?

方法として、まずはドライヤーを使うようにしましょう。

ド ライヤーを使わずに自然乾燥する方法は、髪を傷めずに良さそうな気がしますが、先述の理由から良くありません。

自然乾燥は髪の表面から乾いてきます。部屋が乾燥している時は、すぐに乾いてくるように感じますが、髪の根元まで乾くのにはとても時間がかかってしまうのです。

乾いているように見えても、実は頭皮のあたりに水分が残っており蒸れてしまいます。濡れて髪の毛が蒸れた状態ですと、毛が抜けやすくなります。

 

ドライヤーによる上手な乾かし方

乾燥の手順ですが、タオルである程度水気を取った後に、すぐにドライヤーを使ってやります。

乾かす際のポイント

  • ドライヤーは必ず髪から15~30cm程度離します
  • 同じところばかりに熱をあてず左右に振るようにします
  • 少し湿りが残っているくらいまで乾かします

 

これらを守って乾かしていればOKです。

髪の構成要素であるタンパク質は熱に大変弱いため、至近距離でドライヤーを使ってしまうと、タンパク質が主成分である髪の毛はあっという間にパサついてし まいます。そのため、あまり近づけない距離でドライヤーを使うことは大変重要です。

また、髪はパサパサになるまで乾燥させず、少ししっとり気味で乾燥を終えることがポイントです。水分が残りすぎてもいけませんが、一通り乾燥させて少し髪が湿っている程度なら問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました