薄毛の原因「毛深さ」必ずしも相関関係はなく男性ホルモンが作用するかがポイント

薄毛の原因

297_1

「毛深い男性はハゲやすい」という噂を聞いた事がある人は多いと思います。果たしてこれは真実なのでしょうか?。

実際はどうなのかと言うと、確かにある程度その傾向はありますが、必ずしも「毛深い人=薄毛になる」というわけではありません

 

毛深さの理由は男性ホルモン

毛深い人の特徴として男性ホルモンの分泌量が多い、という点があります。

男性ホルモンはM字型ハゲの原因となるため、確かに薄毛になる可能性は高くなります。

ただ、男性ホルモンの分泌量が多く毛深い人でも、髪の毛がフサフサの人は多いですし、それほど毛深くなくても薄毛の人も多くいるため、一概には言えません。

 

男性ホルモンの感受性によって薄毛になりやすいかかが決まる

男性ホルモンの分泌量は思春期から増え始め、25歳前後にピークを迎えその後は減少していくといわれています。

毛深い男性が薄毛になりやすいというのは、この思春期を境に男性ホルモンが増え始めるという所から来ていますが、実際はこの通りではありません。

薄毛になりやすいかどうかは、男性ホルモンの分泌量ではなく頭髪の細胞レベルでの男性ホルモンの感受性が問題となっています

つまり、男性ホルモンの分泌量ではなく、男性ホルモンに対して髪の毛が抜けるように作用するかしないかという点がポイントです

 

毛深い方は確かに男性ホルモンが多い分、薄毛の可能性は増すのですが、個人差(感受性の大小)がかなり大きいため、必ずしもそうなるとは限りません。

よって、毛深いからと言って薄毛を心配する必要はありません。

 

男性ホルモンを抑える方法は?

男性ホルモンの分泌量と抜け毛は直接的な関係はありませんが(作用するかどうかがポイントのため)、できるだけ抑えたほうが育毛に有利であることは間違いありません。

男性ホルモンを抑えるには、女性ホルモンが多く分泌されるようにすれば相対的に割合を低下させることができます。

手軽に出来る方法としては、女性ホルモンの分泌を助けるサプリメントを摂ることです。

私が利用しているものとしてネイチャーメイドの大豆イソフランボンがありますが、これは手軽に女性ホルモンを摂ることができお勧めです。

詳細は以下の記事で書いていますので、よろしければご覧下さい。

関連記事:大豆イソフラボンの育毛効果 サプリを買ってみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました