薄毛の原因「ハゲ易い食べ物」刺激・動物性の強いものは危険

薄毛の原因

薄毛の防止に役立つ食べ物はたくさんありますが、それ以上に薄毛になり易い食べ物の方が圧倒的にたくさんあります

髪の毛に悪い食べ物は、価格が安かったり美味しかったりと、食が進むレパートリーが多く、薄毛をどんどん促進しかねません。

具体的にはどういったものが薄毛に繋がるのでしょうか?

 

刺激・動物性の強いものは危ない

257_1

髪の毛に良くない食べ物は「刺激の強いもの」や「動物性脂肪が多いもの」になります。

具体的には、ファーストフードでの食事や居酒屋でつまみになりやすいものなどは、全てこれに分類されそうです。

 

刺激の強いものとは、香辛料や辛いものなどになります

辛いものは体中の血行をよくする作用があるものもあるのですが、辛いものをたくさん食べることで同時に汗を過剰にかくことになります。

汗をたくさんかくと頭皮が脂っぽくなり、毛穴が詰まりやすくなります。

 

動物性脂肪を多く含んだものは、肉類です

これらはタンパク質やビタミンなどの髪に必要な栄養素を摂取するためにはある程度必要なものになるのですが、摂りすぎることによって悪影響を与えることになります。

特に油を使って作った肉料理を食べるということは、必要以上の脂分を摂取するということになります。脂 分が多いと当然頭皮からの皮脂も多くなり、毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。

 

薄毛に悩んでいる方々は、髪に良い食べ物をたくさん食べつつも、刺激の多い食べ物や動物性の食事を控えるようにしましょう。

そうすることによって、髪の毛だけでなく身体全体の健康を手に入れることにもつながります。

 

髪に良い食べ物とは?

髪に良い食べ物(栄養素)は例えば、アルギニンやシナモン、シトルリン、ノコギリヤシなどがあります。

また、女性ホルモンを増加させ抜け毛の原因である男性ホルモンの分泌を抑える大豆イソフラボンなども効果があります。

これらの栄養素は、普段の食事からも摂ることができますが、過不足なく摂り入れるためにはサプリメントを利用したほうが効果的です。

具体的な効果など、詳細については以下の記事で説明しています。

アルギニンの効能・副作用・摂取量を調査 髪だけでなくアンチエイジングにも効果的

髪に良い食べ物「シナモン」 ダイエット、アンチエイジングにも効果的

シトルリン 髪だけでなく美容にも効果的 摂取量なども調査

ノコギリヤシ成分による発毛効果 残尿感・尿漏れにも有効

大豆イソフラボンの育毛効果 サプリを買ってみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました