薄毛の原因「食事習慣」必要な栄養をバランスよく満たす必要あり!

薄毛の原因

薄毛と食事習慣は関係性がとても強いです。

そもそも髪の毛はたんぱく質などの栄養素を基に作られていますので、栄養が髪に行き届いていないと健全な状態を維持できなくなります。

そのため、髪の毛の状態は食事内容により大きく作用されます。

 

栄養が髪に行き届くのは最後の最後

195_2

栄養はどの場所にも均等に分配されているのではなく、生命維持にとって重要な場所から順に分配されます。

髪の毛のように生命維持にあまり関与していない場所は後回しになり、その他で使われて残った「絞りカス」が回ってくるようになっています。

そのため、栄養が不足している状態が長く続いてしまいますと、その影響が髪の毛などに出やすくなります。

関連記事:薄毛の原因「加齢」

 

また、栄養はただ取れば良い、という訳ではなく「バランス」を心がけることが大切です。

ここで言う「バランス」とは、「すべての栄養がそれぞれの所要量をクリアすること」を意味します。

 

実は、発毛に有効と言われる栄養素だけを過剰に取得しても効果がありません。

例を出すと、ある栄養が所要量に対して70%しか摂取出来なかったとすると、他の栄養もそれぞれの所要量に対して70%だけしか使われません。

そして、消費されなかったものは数日間体内に保留された後、尿や便と共に体外に排出されてしまいます。

つまり、髪の毛に良いといわれる栄養などをいくら摂取していても、その他の栄養が不足していると、

すべての栄養か不足しているのと同質になってしまいます。

 

不足なくかつバランスよく栄養を摂ることが大切

195_1

以上より、栄養バランスのとれた食事を摂ることが重要になります。

ただ、相当意識しても日々の食事だけで髪の育成に必要な色々な栄養素をカバーすることは困難です。

よって、食事面で気をつけることはもちろんのこと、サプリメントなどを併用してやるとより効果的です。

具体的にどのような栄養素がよいか、サプリメントにはどのようなものがあるか、などについては以下の記事で詳細に説明しています。

併せてご覧頂けますと幸いです。

関連記事①:シトルリン 髪だけでなく美容にも効果的 摂取量なども調査

関連記事②:アルギニンの効能・副作用・摂取量を調査 髪だけでなくアンチエイジングにも効果的

関連記事③大豆イソフラボンの育毛効果 サプリを買ってみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました