薄毛の原因「加齢」代謝能力向上&栄養補給で抜け毛は防止可能!

薄毛の原因

薄毛と加齢は大きく関係があります。このことは、大体の人が年を取ると髪の毛が薄くなることから、特に疑問を持つことなく受け入れている人が多いと思いますが、そのメカニズムについて見ていきたいと思います。

 

代謝機能が低下し薄げに繋がる

人間の身体機能は加齢とともに衰えていきます。

身体機能の衰えは代謝機能の低下へと繋がり、栄養の吸収能力が低下したり、血流が悪化し毛細血管に栄養がいきわたらなくなったりするなどの症状をもたらします。

髪の毛を作る要素は体内に吸収されている栄養ですから、加齢が進行していくことで少しずつ栄養の吸収効率が低下していきます。これにより、毛細血管に栄養がいきわたらなくなってしまい、髪の毛を作るための材料が少なくなります。

また、体内に吸収されている栄養は、どの場所にも均等に分配されているのではなく、優先度があります。

生命維持にとって重要な場所から順に分配していき、髪の毛などのように生命の維持にはほとんど関わりがない場所には,その他の場所に分配されたあとに残っているものしか分配されなくなります。

以上のことより、加齢により栄養が行き渡りにくくなり、薄毛へと繋がります。

 

代謝能力向上&栄養補給で老化を防止する

177

対策としては、代謝能力を向上させ、しっかりと栄養を摂ることが大切です。

加齢自体は避けようがないのですが、新陳代謝の低下は以下のような対策を行うことで十分に防ぐことができます。

 

運動
基礎代謝力を向上させる基本的なものです。ウォーキングなどの簡単な運動でも十分に効果があります。
栄養
老化を防ぐためにはブロッコリーなどの野菜、鮭などの魚が効果的です。
サプリメント
老化防止にアルギニンなどが効果的です。その他にもマグネシウム、ビタミン剤などは体を健康に若く保ちます。

生活スタイル
規則正しい生活を心がけることです。健康であれば、毛根の活動が弱まることを防げるため、薄毛の進行を遅らせることになります。

 

実際にこれをやるだけで十分に加齢による抜け毛を防ぐことができます。

俳優の高倉健さんは栄養をシッカリ摂ると共に、サプリメントを常用していることで有名です。そのせいもあって、あの年齢でも十分な髪の量があります

このように、身体のケアを行うことで、加齢による薄毛の抑制に大きく貢献します。年をとったら薄くなって当然、と思うのではなく基本的な対策を行っていけば、十分に効果は見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました