薄毛の種類 生え際が後退して額が広がる「U型ハゲ」

薄毛の種類

U型ハゲとは何か?

U型ハゲは、生え際が後退して額が徐々に広がっていく薄毛の種類です。日本人によく見られるO型と同じく、かなり多くの人がこのタイプに該当します。

また、場合によってはO型と同時に進行することもあります。U型はげが進行してきたなら、忘れずに後頭部もチェックしましょう。普段は見えないので気が付きにくいのですが、同時進行している場合も少なくありません。

「男性ホルモン(テストステロン)」が、毛根にある「5aリダクターゼ」という還元酵素の反応によって、強力な脱毛物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

そして、この「5aリダクターゼ」という還元酵素は、生え際と、頭頂部に多く存在するのです。後頭部と側頭部の毛はしっかりと残っているのに、生え際と頭頂部の毛がないのはこのためなのです。

同時に進行したならば、放置すると取り返しのつかない状態にまで進行してしまいます。脱毛物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を阻害する育毛剤が有効ですので、早めの対策を心がけましょう。

U型はげは、一度生え際が十分に後退すると回復するのが困難といわれています。育毛剤などで進行は止めれたとしても、本来生えていた位置までラインを戻すことは難しくなります。

以上のことより、実感を持った時点ですぐに対策をはじめることが望ましいです

そうすることで、治療が難しくなる前に進行を食い止めることが可能です。

 

U型ハゲを防ぐには?

105

初期症状のU型はげは、髪型を変えておでこを見えないようにすると、目立たなくすることもできます。
悩んでストレスになり、それが禿げの原因になるといった悪循環にもつながりますので、隠せることはかなりのメリットです。

初期はこのようにして目立たなくした上で、しっかりとした対策をしましょう。

生え際が後退すると回復するのが困難ですので、より早い対策が大切です。取り急ぎ、お近くの病院や皮膚科、クリニックで診断を受けてみるのもい いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました