薄毛の種類 瀰漫(びまん)性脱毛症

薄毛の種類

瀰漫性脱毛症とは頭全体が薄くなる症状を指します。

特に、30代以降の女性に増えている傾向があり、女性の薄毛の原因の多くはこの症状で、別名「女性型脱毛症」とも言われています。

 

瀰漫性脱毛症は男性型脱毛症のような特定部分が薄くなる症状とは異なっており、また、生え際が後退することはありません。ただ、髪の毛が全くなくなるほどの脱毛ではないものの、髪のボリュームがかなり小さくなり、髪型の厚みがなくなってしまいます。瀰漫性脱毛症は、脱毛した後の毛根からは産毛のような細い毛が生えてくる為、髪が伸びても薄さをカバーしきれなくなるのが特徴ともいえます。

 

原因は主に生活習慣

109

瀰漫性脱毛症の原因は、加齢や生活上のストレス、行き過ぎたヘアケア(パーマ、カラーリングなど)です。

また、無理なダイエットや、夜更かしなど生活習慣の崩れにより体に負担がかかることも原因になります。男性の薄毛がホルモンによるところが大きいことに対して、女性の場合は上記のように普段の生活スタイルを見直すことで解消するものが多いです。

そのため、対策としては、生活スタイルを改めるとともに、髪に栄養が届くようにすることで、改善するといわれています。
1日適切な時間にきちんとバランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

 

早期に対応することで、あっさりと改善する可能性が高い瀰漫性脱毛症ですが、症状の程度などによって個人差が見られます。
なかなか改善が望まれない場合は、女性用の育毛剤やサプリメントを摂取するなど、育毛のためのアイテムに頼るのもひとつの方法です。瀰漫性脱毛症の治療に当たっては、予防対策をしっかりと行いタンパク質やビタミンB群などの発毛に必要な栄養分を摂取するなどの普段の生活改善による治療が重視されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました