白髪に関する知識 白髪に効く栄養素

白髪の原因は栄養バランスの崩れ

白髪の原因には、食事の栄養バランスが乱れていることが代表例として挙げられます。
ストレスなどでも髪は白くなりますが、栄養が足りておらず髪に栄養が届かないことで白髪が生えてきます。髪の色であるメラニン色素を作っているのはメラノサイトという色素細胞なのですが、そのメラノサイトに十分な栄養が届いていなければメラノサイトは十分な メラニン色素を作り出すことができずに、髪にメラニン色素が含まれていない状態、つまり白髪が生えてくるようになるというわけです。

 

白髪に効く栄養素

82

栄養不足により白髪が増えている場合は、食事で効果的な栄養を摂取することが出来れば原因を解消し、白髪を減らすことができます。

代表的な栄養素は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸です。それぞれの特性と摂取する際の留意点を以下に記載します。

ビタミン

ビタミンは血液をサラサラにしたり、血行を促進させる効果を持っています。
また、細胞の老化を緩やかにする効果も持っているため、ビタミンの摂取は白髪対策にとても有効となります。普段から野菜や果物を食べない人はサプリメントでビタミンを摂取して白髪対策を行うようにしましょう。

ミネラル

ミネラルは身体の調子の整える働きを持っています。
中でも重要なのが亜鉛です。亜鉛は摂取したエネルギーを効率よく細胞が使えるものに変換する作用をもっていて、細胞分裂を促進させる効果があります。他のコラムでも触れていますが、亜鉛は食事で十分に摂取することが難しい栄養素ですので、白髪対策サプリメントには必ずと言っていいほど含まれています。

アミノ酸

髪の原料となるのはタンパク質です。 そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸であり、これを十分に食事から摂取しなければ髪の成長を行うことはできません。アミノ酸を日々の食事から過不足なく摂取し続けるのは難しいので、サプリメントなどを適宜利用しながら、栄養を整えていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る