白髪に関する知識 白髪とは髪の色素が抜けること

髪を黒く見せているものは、メラニンという褐色の色素です。白髪はメラニンが髪の毛からなくなり、色を失うことで生じる状態です。

こ のメラニン色素を生成しているものが、メラノサイトという細胞です。メラノサイトは加齢によってメラニンの生成機能が低下します。年をとると白髪が増える 原因はここにあります。また、生活習慣が乱れ、健康状態が悪化すると同じく機能が低下し、白髪の原因となります。よって、白髪の改善を図るには、健康を保 ち、メラノサイトの働きを活発にすることが大切です。

 

白髪と薄毛は無関係

69

白髪は薄毛と同じく髪の大きな悩みですが、色々と間違って理解されている方もおられると思います。
例えば、白髪を抜くと増えると言う話がありますが、特に増えるわけではありません。また、若くから白髪になる方はハゲないという話がありますが、これも何の根拠もないことです。若白髪の方が薄毛にならないと言うこともありません。

白髪と薄毛は原因が異なるため直接的な関係はありません。実際、白髪で薄毛の方もたくさんいらっしゃいます。

毛根には、「毛をつくる毛母細胞」と「黒色の色素をつくるメラニン細胞」が別々に存在しています。毛母細胞の機能が落ちると薄毛になりますし、メラニン細胞が後者の機能が落ちると白髪になります。当然、両方の能力が失われると薄毛になります。

白 髪を抜くと白髪が増えるといいます。しかしこれは何の根拠もないことで、白髪が増えることもありません。白髪はメラノサイトというい色素細胞からメラニン という色素が生成されていて、この色素が髪の色を黒くしています。また、髪の色はもともと色々で、これがメラニン色素で着色されています。

 

誤った白髪処理をすると薄げになる可能性はある

白髪自体はハゲとは無関係なのですが、白髪を治そう・隠そうとして不用意なことをすると薄毛に繋がります。
例えば、若いうちは白髪が生えると根元から抜こうとする人が多いです。しかし、髪を抜いてしまうと毛根を傷つけてしまい、これが原因で髪が生えなくなる恐 れがあります。白髪を抜くことは、通常の髪の毛を抜くことと同じことです。もし白髪があっても抜かずに、気になるようでしたら、ハサミで根本から切るようにしましょう。

どうしても白髪を治したい人には、育毛とは別の対処方法があります。別コラムにて説明していますので、ご参照下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る