薄毛の原因「肥満」科学的には相関なし

373

薄毛と肥満の関係ですが、相関があるということは科学的には明確になっていません。

 

直接的な原因は無いが間接的に関係する

街を歩いてみればはっきり分かりますが、太っていらっしゃるのに毛がうらやましいくらいフサフサな方はたくさんいらっしゃるので、薄毛の人=肥満体型という図式は明らかに成り立ちません。

ただ、肥満が薄毛の直接の原因にならずとも、その体質や生活習慣が薄毛に繋がる可能性は大いにあります。

具体的には、肥満状態にある人は皮脂の分泌が普通の人よりも多い傾向があるため、頭皮上の毛根に脂が溜まりやすくなります。

脂が溜まると髪の毛が健全な状態 でなくなり、抜毛に繋がっていきます。また、肥満は血液中の中性脂肪、コレステロール、血糖値を高めてしまいます。

これらが増すことで血の粘度が増えてし まい血がスムーズに流れにくくなります。

髪の毛は毛細血管を通して送られる血液から栄養を補給しているため、血流の悪化に伴い髪の毛に栄養が届きにくくなってしまいます。

 

肥満解消の方法

薄毛対策というよりは肥満対策の内容になってしまいますが、方法としては食事内容の見直しと規則正しい生活習慣、運動の実施が挙げられます。

まず、カロリーの高たいものや油物、甘いものを適量に留め、摂り過ぎないように注意します。

続いて、食事時間の見直し(これは地味ですがかなり効きます。い くら歩いたり運動をしていても、寝る時間近くに食事をするとなかなか痩せません)や規則正しい就寝・起床時間となるよう調整を行います。

運動はなかなか面倒かも知れませんが、簡単なところから始めるのがポイントです。

例えば、帰宅時に1駅近くで降りて歩いてみるなど、そういったことをするだけでも十分効果があります。

私の会社は割と高年齢の方が多いのですが、ウォーキングやスポーツが趣味の方が多く、肥満体質の方はかなり少ないです。さらに、偶然の要素もあるでしょうが、ハゲている人はいません

肥満の解消は髪の健康以外にも総合的な体ケアの観点で大いに効果があります。ちょっとしたことからで良いので、日々の生活の中で心がけてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る