薄毛の原因「パソコンやスマートフォン・携帯電話の電磁波」間接的に影響あり

電磁波は直接髪の毛に作用はしませんが、間接的に影響を及ぼす可能性があります。

電磁波が直接髪に作用し薄くなるのではなく、電磁波により体に疲労感などが溜まり、その結果体調を崩すことで薄くなる可能性がある、ということが結論としては正しい言い方です。

一般的な見解としては、「電磁波が人体に明確に悪影響を及ぼすということは証明されていません」。

それを考慮すると、電磁波の直接的な作用により薄毛になる、ということは考えにくいです。

しかし、同様に悪影響を及ぼさないということも証明されておらず、実際には以下のような不調を訴える人もいらっしゃいます。

  • めまい
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 動悸
  • 不眠症

例えば、長時間パソコンやスマートフォンなどに向かっていると、ストレスや疲労感を強く感じるようになると思います。

眼精疲労が主な原因かと思いますが、人によっては電磁波による影響を受けているのではないかと言われています。

こういった、電磁波の出るところに近づくことで不調となり、そこから離れたら体調不良などの症状が改善する場合を、電磁波過敏症と呼んでいます。

身体への負担や疲労感が続くことで、結果的にそれは血行不良へと繋がります。血行が悪くなると頭皮に栄養が送られなくなるため、髪の発育が鈍化してしまい薄くなってしまいます。

 

対策方法

331_1

電磁波が人体に明確に悪影響を及ぼすかどうかがまず曖昧で何とも言い難いのですが、もし電磁波を発する機器に長時間接することで何らかの不調を感じるのであれば、その時間を減らすことです。

また、仕事上などの理由でどうしても長時間接する必要のある方は、電磁波をカットする前掛けのようなものがよく売られていますので、そういったものを利用す ることも手ではあります。

ただ、どこでも使えるようなものではありませんし(とりあえず、私の身の回りで使っている人を見たことがありません)、そもそも 磁場自体を防ぐことは極めて難しいため、「電磁波カット」と称する市販のグッズは多少の効果がある程度と思って良いでしょう。

そういった意味でも、やはり極力利用時間自体を減らすよう心がけることが最も適切だと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る