薄毛の原因「人種的な問題」明確な違いはなくゴシップ程度の情報

319_1

人種によるハゲ方の差は、あくまで推測的なものに過ぎません。

髪の毛が薄い人の割合を人種別で見てみると、最も多いものは白人です。続いて黒人、黄色人種となります。最も薄毛が少ない黄色人種の中でも、アメリカのインディアンは最も薄毛の割合が低いことが知られています。

ただ、なぜこのような傾向になるのか、その理由については科学的な根拠はなく、一般的な推測に留まります。

人種による遺伝、食文化なども関係はありそうですが、恐らく最も因果関係が強そうなものは、「ライフスタイルが規則正しいかどうか」、という点にありそうです。

例えば、髪が育つ最もピークの時刻は夜の10時~12時あたりになります。この時間に床に入り、できるだけ体を休めて血液が頭皮によく流れるようにする事は育毛にとって重要なファクターです。

 

アメリカインディアンがフサフサな理由を推測

こ れまた勝手な推測も入るのですが、インディアンなどは日の出と共に活動を始め、日暮れと共に活動を終了し、比較的早い時間に床に入ると思われます。

その結 果、あの髪の毛を維持できているのではないでしょうか。西部劇などの映画を見ていても、確かにインディアンはフサフサで黒々としたもっさりとした髪の毛を まとっているイメージが強いですね。

一方、先進国のオフィスワーカーは夜遅くまで働いたり、不適切な時間に油っこいジャンクフードなど体に 悪いものを食べたりしている傾向が強く、頭皮に回るはずの血液が消化器官の方に優先的に回り、髪の生成に悪影響を及ぼしています。

しかし、薄毛は現代社会ならではの病気なのかというと、いつの時代にも髪の毛が薄い人はいたと思いますので、一概にこれが原因だとは言い切れません。

以上より、生活圏、様式によって多少の傾向はあるかも知れませんが、人種による明確な違いはないと思われます。

関連記事

ページ上部へ戻る