薄毛の原因「飲酒」適量はOKですが過剰な飲酒は抜け毛に繋がります

「酒は百薬の長」と言われるように、適度な飲酒は血液の循環を良くしストレス解消にもなります ただし、過度の飲酒は健康はもちろんのこと、頭皮にも悪影響を及ぼします。

 

適度な飲酒が効果的な理由

208_2

適度な飲酒は健康、さらには髪のコンディションにも効果的です。

お酒を飲むことで体内の血液の循環が良くなりますが、この際、頭皮にも血が良く巡るようになります。

人間の血液には栄養素が含まれており、それが体内を巡ることで各部位に栄養を届けます。

そのため、頭皮に血液が流れると毛根にも栄養が届けられるため、髪が成長するようになります

飲酒はストレス解消にも効果がありますので、気苦労による抜け毛も減ることになります。そのため、適度な飲酒で体を活性化させ、ストレスを抜いてやることで抜け毛の原因を大きく減らすことができます。

 

過度の飲酒が髪に良くない理由

208_1

適度な飲酒は効果的ですが、これも度が過ぎると一気に逆効果になります。

アルコールは、肝臓で毒性のあるアセトアルデヒドを経て、無毒な酢酸に分解されるという過程をたどります(高校の化学や生物で習いますね)。

しかし、このアセトアルデヒドの分解が間に合わなかった場合は、血流に混ざり体内を循環します。

アセトアルデヒド自体は毒性が大変強く、いわゆる「悪酔い」の原因になりますので、まず第一に健康に悪影響です

続いて、アセトアルデヒドは過剰摂取しすぎると体内で、脱毛の原因ホルモンとも言われているDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまい、薄毛に繋がっていきます。

 

加えて、過度な飲酒は肝機能障害の原因になったり、胃腸にダメージを与えることになります。

肝機能が低下すると、タンパク質の合成に支障をきたします。

髪の毛の生成成分はタンパク質であるため、肝機能の低下に伴って発毛に悪影響を及ぼすことが分かります。

過度の飲酒が祟って肝機能にまで影響が出ているケースでは、

むしろ薄毛がどうこうという以前の大問題だと思います

仮にこうなった場合は、根本的に治療に専念するしかありません。

関連記事

ページ上部へ戻る