薄毛の原因「季節」 夏は髪へのダメージが大きく秋は自然な抜け毛が増える

季節と抜け毛には関係性があり、最も抜け毛が多くなる季節は「秋」です。

特に抜け毛のピークは秋口で、丁度この記事を書いている時(2013年10月)になりますね。

秋に抜け毛が増える理由ですが、動物の冬毛が増える前に抜け毛が増える現象の名残だろう、ということが一般的です。この、冬に備えて毛母細胞の入れ替えが行われる一時的な「抜け毛現象」は、心配はありません。

 

秋の抜け毛は夏に受けた影響も現れます

201_2

秋の抜け毛は一時的な抜け毛現象が中心ですが、それとは別に、夏に髪がダメージを受けたため抜け毛が増えている可能性もあります。

具体的には、以下のような理由で抜け毛が増えている可能性があります。

  • 暑さなどによる食欲不振などから食生活のバランスが崩れてしまった
  • 強い紫外線を無防備に浴び頭皮や毛髪に負担をかけてしまった
  • 汗が頭皮にべっとりと付着し毛根を塞いでしまった

私は相当な汗かきで、特に夏場は頭皮が常にベットリと汗をかいており、悪臭を放つレベルです。

そのせいもあって、特に汗をかきやすい頭頂部が薄くなっています。さらに髪もフニャっとなっているため余計に薄さが目立ちます。

201_1

(2013年10月8日撮影)

 

これでも、春前くらいはそれなりに密度があったはずなのですが…。明らかに減っています。

夏~秋は薄毛になり易いというのは間違いないようです。

もちろん、加齢で禿げてきている可能性もあるのですが、夏場の汗で薄くなっていることは確実でしょう。

さらに、頭皮が汗で蒸れて痒いのでついつい掻いてしまうことも多く、これが抜け毛に拍車をかけているんだろうなぁと思います。

続けて冬になるとさらに気候の問題で頭皮に悪影響がありますが、一般的には春は特に強い抜け毛の要因はありませんのである程度回復すると思われます。

などと言っておいて、戻らなかった嫌だなぁ… と思います^^;

 

一般的な季節ごとの抜け毛の要因

  • 暑さなどによる食欲不振などから食生活のバランスが崩れる
  • 強い紫外線を無防備に浴び頭皮や毛髪に負担をかかる
  • 汗が頭皮にべっとりと付着し毛根を塞ぐ
  • 毛母細胞の入れ替えが行われる
  • 朝晩の冷え込みで身体の体調を崩しやすい
  • 寒さ・乾燥による頭皮への影響がある

 

対策はとにかく頭を清潔にし外部から守ること

夏~秋の抜け毛対策ですが、基本的には頭に外部から刺激を与えないよう気をつけつつ、健康を維持することが大切です。

  • 頭皮に紫外線を当てない
  • なるべく頭に汗をかかない
  • 栄養のバランスよくしっかり摂る

特に、汗は髪と関係ないだろうと見逃してしまう人が多いと思いますので要注意です!(私のことですが^^;)

関連記事

ページ上部へ戻る