薄毛の原因「血液型」AB型は禿げにくい?血液型により傾向も違う?

薄毛と血液型は基本的には関係はありません。

薄毛と血液型の因果関係については色々と研究がされていますが、今のところ明確な答えはないようです。

最近見かけた記事によりますと、禿げにくいのは、毛質の良いB型とAB型なのだそうです。

…が、ゴシップ性の強い記事でしたので、科学的な証拠はありません。

 

血液型と薄毛の傾向(あくまで噂です)

180_1

俗説ですが、血液型によって以下のような傾向があるとも言われています。

  • A型(40%)・・・半端なはげ方をするタイプ。
  • O型(30%)・・・完全に抜けてしまう、ツルツルになるタイプ。
  • B型(20%)・・・薄っすらハゲのタイプ。(毛が数本残る)
  • AB型(10%)・・・安心タイプ。(禿にくい)

A型とO型は薄げになりやすい?

A型に多いのはストレスから薄げになりやすいタイプだそうです。A型の人は前頭部中央から薄くなりはじめ、結果的に中途半端な形で終わる場合が多いようです。つまり、耳の近くやえり足近くの下辺の毛が中途半端に残る傾向があるそうです。

O型は細かいことを気にしない性格ですが、男性ホルモンの分泌量が多いといわれ、どうしても薄毛になりやすくなるそうでする。O型の人の傾向として、頭頂部付近から進行していきます。

 

B型とAB型は薄げになりにくい?

B型とAB型はA・O型に比べると薄毛になりにくい傾向があるそうです。

ただ、なりにくいだけであり、薄毛にならないわけでは勿論ありません。

B型は髪質が良く薄くなりにくいと言われていますが、進行する場合はM字から薄くなり始め、最後は少しだけ毛が残るようです。

AB型もB型と同様の傾向を示しますが、いかんせん日本人におけるAB型の数自体が少ないので(全体の10%程度です)、サンプルが不足している感が否めません。

 

噂はあれど全く根拠はなし

長々と書いてきましたが、これらはあくまで噂話程度の医学的根拠のない情報ですので、決して真に受けないようご注意下さい。

実際、私の職場はA型ばかりですが全員薄毛ではなく、定年前(60歳)にも関わらずフサフサの方が複数人います、

一方で30歳のAB型の友人はツルツルになっています。

かくゆう私もB型ですが、M字ではなく以下のようにO型(頭のてっぺん)で薄くなってきています。

139

仮に血液型が要因の一部を占めるとしても、それは極々小さな値であり、遺伝ストレス加齢、生活習慣による影響がほとんどの割合を占めています。

ただ、今後因果関係が発見される可能性もありますから、ニュースはウォッチしていきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る