薄毛の原因「遺伝」実は明確な関係性は示されていません!

薄毛は色々な計測結果から、一般的に言われているように遺伝性が強いと考えられます。

さらには、薄毛のなり方も遺伝してしまうと言われており、例えば、父親が頭頂部の薄毛であれば、その子どもも頭頂部から薄毛になりやすい、などの傾向が見られます。

しかし、両親が薄毛だからといって、息子兄弟の両者に遺伝する場合もあれば、そうでない場合もあります。

このことからもわかるように、薄毛の遺伝というものは、そう単純なメカニズムではないことが分かります。一説では、薄毛の要因に関して、遺伝が関与している部分は全体の25%程度だとされています。

よって、厳密に言うと薄毛と遺伝の関係については、確実に相関があるとは言えないのです。 もちろん、遺伝的要素は強いことは否定できないですが、他の要素が大きく作用している場合もあります。

15

例えば、髪のケアをする人としない人では、進行度は明らかに異なる場合が往々にしてある事も事実です。実際、薄毛の原因は遺伝ばかりでなく、ホルモンや日々 の栄養、ストレスなどの因子が複合的に影響を及ぼし合っています。家系的に薄毛の人が多くても、早いうちからそういった悪条件を取り除いていけば、かなり 薄毛の発症や進行を抑えることが可能だと思われます。「親族がハゲているからどうしようもない」、と諦めて何もしないことが最も危険なことなのです。

「禿が遺伝する」のではなく,「禿げやすい体質が遺伝する」という考え方を持ち、努力による改善を試みていくことが良いと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る