薄毛の種類 男性型脱毛症(AGA:エージーエー)

男性型脱毛症(AGA)とは何か?

男性型脱毛症(AGA)とは男性に見られる髪が薄くなる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていくような状態を指します。

男性型脱毛症(AGA)は、30代あたりから症状が現れだし、50代にもなると多くの方がこれに該当します。日本人男性の30%にこの傾向があると言われますので、数にすると大よそ 500~1000万人程度でしょうか。さらに、男性型脱毛症は脱毛の原因の中で95%程度を占めると言われていることから、大部分の薄毛の原因はこれに該当します。

 

男性型脱毛症の主な原因は男性ホルモンと言われており、ホルモンの分泌を抑えることで改善すると考えられます。

これは、米国で行われた実験で、去勢された男性は外部から男性ホルモンを与えられない限り、男性型脱毛症を発症しなかったという結果から大変有力な意見です。

また、若年期における薄毛(いわゆる若ハゲ)の多くは、この男性型脱毛症が原因ともいわれており、若年性脱毛症とも呼ばれます。

 

男性型脱毛症とは髪の毛がなくなることではない

102

意外と知られていませんが、男性型脱毛症は毛根が死滅したわけではなく単に毛が薄くなっているだけで実はしっかりと残っている状態です。

男性ホルモンが前頭部と頭頂部の毛根に存在する5-アルファリダクターゼと呼ばれる酵素の影響で、髪の成長を妨げる脱毛ホルモンであるジヒドロテストロン(DHT)に変換され、その影響で髪が細く色素が薄くなってしまうことで、毛が存在しないように見えてしまいます。

よって、男性ホルモンの影響を受けやすい箇所は5-アルファリダクターゼが存在する前頭部と頭頂部に決まっており、頭の側面と後頭部は影響を受けにくくなって います。即ち、前頭部と頭頂部が薄毛の対象となることから禿げ方のパターンは決まっており、進行するに伴って、M、U、O型の薄毛になっていきます。

 

このように、男性型脱毛症は男性ホルモンに起因するのですが、それだけではなく遺伝の可能性もありますし、生活習慣(食の偏りによる栄養不足や、喫煙などによる血行不良)が原因と言う事も考えられます。

「男性型脱毛症はホルモンバランスが原因なので対策をしても意味がない」、と割り切って諦めてしまうのではなく、様々な観点から対策を講じていくことが重要です。進行を食い止めて改善に至るケースもたくさんあるため、諦めずに戦いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る